【リコール】日産 エクストレイル GT…エンジン破損、火災に至るおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

改善箇所説明図
  • 改善箇所説明図
  • エクストレイル GT
  • ディーゼルエンジン
  • エクストレイル GT
日産自動車は1月24日、『エクストレイル』ディーゼルエンジン搭載車の原動機に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2008年8月20日~2012年9月24日に製作された1万8452台。

ディーゼルエンジンのエンジン最高回転数の設定が不適切なため、エンジン最高回転域でのクランクシャフト3番メインジャーナル部への負荷が高くなっており、ジャーナルベアリングが位置ずれを起こし、油路をふさぐと潤滑不良による異音が発生し、エンジン部品が破損して走行不能となり、火災に至るおそれがある。

全車両、エンジン最高回転数を低減するとともに、エンジンオイルを新品と交換する。

不具合発生件数は22件で、火災事故が1件起きている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集