西武鉄道ダイヤ改正、飯能~元町・中華街間が最速95分

鉄道 企業動向

西武鉄道は、3月16日からダイヤ改正を実施すると発表した。

今回の主な改正内容は池袋線関係では、東急東横線・横浜高速みなとみらい線との相互直通運転開始により、横浜方面と乗り換えなしで結ばれ、利便性が向上する。

この直通電車は、平日昼間時と土休日朝・昼間時、各社最速の種別で結ぶ。西武鉄道線内では練馬駅を停車する快速急行として運転する。飯能~元町・中華街間は現行より9分短縮し、最速95分で運転する。

また、今回の相互直通運転に合わせて、土休日には横浜方面からの準急が石神井公園駅で池袋発快速急行長瀞・三峰口行きに接続するほか、横浜方面からの快速急行が飯能駅で各駅停車西武秩父行きに接続する。これにより、横浜方面から秩父方面への外出がより便利になる。

石神井公園駅始発各駅停車池袋行きを4本新設し、混雑緩和を図る。池袋駅へ7時00分~7時30分に到着する、特急を除く優等電車を現行3本から5本に変更し、早朝時間帯の利便性を向上する。池袋駅へ9時台に到着する特急を1本増発する。

新宿線関係では、特急停車駅に初めて東村山駅を追加する。拝島線は、平日朝間時の混雑を緩和し速達性を向上するとともに、女性専用車両を導入する。

通勤急行の所要時間を本川越駅から高田馬場駅まで3分、西武新宿駅まで2分短縮する。新所沢始発準急西武新宿行きを本川越始発に延長する。西武新宿駅と本川越駅へ9時台に到着する特急をそれぞれ1本増発する。

多摩湖線は、一部電車を除き国分寺~西武遊園地間の全線でワンマン運転を実施する。これに伴って現行の西武遊園地発、小平行き、小平発西武遊園地行きの運転は、一部電車を除いて国分寺~西武遊園地間の運転に変更する。

萩山駅での連結作業、一橋学園駅始発国分寺行きを廃止する。一橋学園~西武遊園地間の運行本数を1.5倍に増発、約15分間隔から約10分間隔の運転に変更する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集