大阪府、リアルタイムのバス運行情報を映すモニターを駅などに設置

自動車 社会 行政

大阪府・リアルタイムのバス運行情報を映すモニターを駅などに設置
  • 大阪府・リアルタイムのバス運行情報を映すモニターを駅などに設置
大阪府は、公共交通の乗り継ぎ改善(シームレス化)に向けた実証実験として、リアルタイムのバス運行情報を映すモニターを枚方市の駅や商業施設等に設置する。

実証実験は、リアルタイムのバス発車時刻情報や遅延情報を提供するモニターを京阪樟葉駅や商業施設等に設置することで、乗り継ぎ改善効果等を検証する。

今回設置するモニターは、京阪バスが搭載しているバスロケーションシステム(バス運行情報提供システム)と連動させることにより、リアルタイムのバス運行情報を提供できるようにしている。

実証実験は1月29日から3月31日までの予定で、モニターを京阪樟葉駅改札口付近、 くずはモール本館1階、極楽湯枚方店出入口付近に設置する。
《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品