【デトロイトモーターショー13】BMW M6 に第3のグランクーペ…最高速305km/h

自動車 ニューモデル モーターショー

BMW M6 グランクーペ(デトロイトモーターショー13)
  • BMW M6 グランクーペ(デトロイトモーターショー13)
  • BMW M6 グランクーペ(デトロイトモーターショー13)
  • BMW M6 グランクーペ(デトロイトモーターショー13)
  • BMW M6 グランクーペ(デトロイトモーターショー13)
  • BMW M6 グランクーペ(デトロイトモーターショー13)
米国で1月14日、開幕したデトロイトモーターショー13。BMWのブースでは、『M6 グランクーペ』が初公開された。

M6グランクーペは、『M6』シリーズに加わる第3のバリエーション。M6には、2ドアクーペと、2ドアカブリオレの2種類が用意されていた。M6 グランクーペは、4ドアの『6シリーズ グランクーペ』をベースに、高性能化を図ったモデル。

エンジンは、クーペやカブリオレと共通で、BMW M社がチューニングした直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。このエンジンは、最大出力560ps/6000-7000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5750rpmというパワフルさだ。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「M DCT」。M6 グランクーペは0-100km/h加速4.2秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮する。オプションのMドライバーズパッケージでは、リミッターの解除が可能。最高速は305km/hとなる。

足回りには、ダイナミックダンパーコントロールや20インチタイヤを装着。Mカーボンセラミックブレーキも用意される。内外装はM流儀の専用デザイン。軽量化のために、カーボンファイバー製ルーフやCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製ディフューザーなども採用された。

デトロイトモーターショー13のプレスカンファレンスには、BMWグループのイアン・ロバートソン営業担当取締役が登場。「M6グランクーペは、息を飲むパフォーマンス、洗練された技術、ラグジュアリーな運転体験の3つで構成されたモデル」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集