富士重吉永社長、中国での現地生産「もう一度チャンスがあれば考えたい」

自動車 ビジネス 海外マーケット

富士重工業の吉永泰之社長は1月15日に都内で開いた新春会見で、中国で検討中の現地生産について「全く動いていない。(尖閣問題を受けた販売減で)ある意味良かったと思っている」としながらも、「もう一度チャンスがあれば考えたい。この気持は変わりない」と述べた。

吉永社長は「尖閣問題で非常に販売が冷え込んだ時、私自身はスバルの前年比に対する落ち込み方はおそらく業界他社より大きいと思うと社内に言った」ことを明かし、その理由として「中国で一番売れているスバル車は『フォレスター』で、どういうお客様に買って頂いているかというと富裕層、またどういう用途で買われているかというとセカンドカーということなので、慌てて買う必要がない車ということだから」と述べた。

実際、2012年の中国でのスバル車の販売実績は4万3500台と前年比24%減、期初の販売計画に対しては34%下回る結果となった。

このため吉永社長は「現地生産化は全く動いてないが、今現在でいえば、ある意味良かったなと思っている。やはり販売あっての生産なので、中国の販売をいかに立て直していくか、まずこれを注力すべき」と強調した。

その上で「販売が元へ戻ってさらに増えていった時、やはり完成車(の輸入)だけでは足りないと現地から言われた時に、もう一度チャンスがあれば現地生産を考えたい。この気持は何も変わりはない」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集