【東京オートサロン13】クラリオン、ソーラー充電可能なフルデジタルスピーカーを展示

自動車 ニューモデル モーターショー

ポータブル型のフルデジタルスピーカー、クラリオン『ZP1』
  • ポータブル型のフルデジタルスピーカー、クラリオン『ZP1』
  • スマートフォンやタブレットとはBluetoothで接続する。
  • ソーラーパネルを搭載しており、太陽光での充電も可能となっている。東日本大震災の被災者を目の当たりにしたことで搭載が決まった機能だという。
  • パネルを収納したときのシルエットは単行本(辞書)のような感じ。持ち運びしやすい。
車載用のフルデジタルスピーカーシステム『01DRIVE』シリーズをインストールしたデモカーをオートサロンのブース内に持ち込んでいたクラリオンだが、一角にはもうひとつのデジタルスピーカーが展示されていた。それがポータブルタイプの『ZP1』だ。

これはスマートフォンやタブレット、ポータブルオーディオとブルートゥース接続して使うもので、左右に加えてセンターをあわせた3つのフルデジタルスピーカーを備えている。スピーカーの指向性は強く、1人で音楽を楽しむときに使うようなパーソナル用途に特化したものだという。

本体にはソーラーパネルを備えており、太陽光による充電も可能となっている。開発段階では搭載予定が無かったが、クラリオン本社の真横にあるさいたまスーパーアリーナに東日本大震災の被災者が一時避難している状況を見て、「こうしたスピーカーは非常時の使用も考えなくてはいけない」と判断。そこから一転して搭載を決めたそうだ。低電圧駆動が可能なデジタルスピーカーだからこそ成し得た機能でもある。

また、電源OFF時には内蔵バッテリーからUSBを通してスマートフォンへの充電もできるため、ソーラー充電器としての活用もできる。

畳んだときのデザインは単行本のようにも見えるが、これは女性デザイナーの案が採用されており、良い意味でスピーカーらしくないデザインも特長のひとつとなっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集