極東開発、新型コンクリートポンプ車を発売

自動車 ニューモデル 新型車

極東開発・ピストンクリート PY120-30
  • 極東開発・ピストンクリート PY120-30
  • 極東開発・ピストンクリート PY120-30
極東開発工業は、GVW(車両総重量)22トン車に、30メートル級のブームを搭載したコンクリートポンプ車『ピストンクリート PY120-30』を開発し、1月21日より発売する。

新機種は、GVW22トン車に30メートル級ブームと最大吐出量120立方メートル/hのポンプユニットを搭載し、取り回し性能の良さと市場ニーズの高いブーム長のバランスを両立。

また、耐摩耗性能と耐圧力を兼ね備えたブーム配管や同社独自の制振装置を標準装備するなど、使いやすさ、耐久性を追求した、コストパフォーマンスの高いモデルとなっている。

価格は7300万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集