【アバルト 500シリーズ 改良新型】ニッチブランドからの脱却目指す

自動車 ニューモデル 新型車

アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト595 ツーリズモ(ビコローレ)
フィアットクライスラージャパンが東京オートサロン13で発表した、アバルトの新モデル、『595シリーズ』は、セミオートマチックを導入するなど、これまでのアバルト『500』をさらに進化させたものである。

この595シリーズについて同社本部プロダクト・マネージャーの海谷博樹氏は、「ツーリズモ、コンペティツィオーネという方向性の異なる2つのバリエーションがあります」という。まず595ツーリズモについて、「レザーシートを標準装備とし、快適で上質感あふれるインテリアと、アバルトならではのスポーツ性能の融合を実現したモデルです。また、ビコローレと呼ばれる2トーンのボディカラーも設定し、イタリア車らしいファッション性も備えています」と述べる。

また、「国内仕様としては、それらの特徴をより際立たせるカブリオレ仕様の『595Cツーリズモ』も設定しており、価格は595ツーリズモが319万円。595Cツーリズモが349万円と旧型アバルト500、500Cと比較しても、よりバリューを向上させた設定としました」

『595コンペティツィオーネ』は、「サベルト製レザーアルカンターラのフルバケットシートや、アバルトの誇る可変エグゾーストシステム、レコルトモンツァを標準装備し、コンペティツィオーネの名に違わず、アバルトのレーシングスピリットを体現したモデルとなっています」とし、価格は、「こちらも充実した装備内容にも関わらず、339万円と、競争力のある設定としています」と話す。

最後に海谷氏は、「アバルトは今回の新しいアバルト500のラインナップ、特に595シリーズの導入によってより幅広い層のユーザーにアプローチし、ニッチブランドからの脱却とビジネスの拡大を目指していきます」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集