【アバルト 500シリーズ 改良新型】待望のセミオートマチックを採用したモデルが登場

自動車 ニューモデル 新型車

アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • アバルト・595コンペティツィオーネ
  • フィアットクライスラージャパンマーケティング本部プロダクト・マネージャーの海谷博樹氏
フィアットクライスラージャパンは、東京オートサロン13においてアバルト『500』の新しいラインナップを発表した。

フィアットクライスラージャパンマーケティング本部プロダクト・マネージャーの海谷博樹氏は、「アバルト500は2009年4月に国内導入され、走りにこだわったMT専用モデルとして好評を博してきました」という。その後、「2010年10月には、セミオートマチックトランスミッションを搭載したカブリオレ仕様の500Cが追加導入され、500と2本立てのラインナップを形成し順調に販売を拡大してきました」と現状を語る。

しかし、「オートマチック車を中心とする国内市場においては、MT専用車であったハッチバック仕様のアバルト500には大きな制約があったのも事実で、多くのユーザーより、アバルト500Cと同様のセミオートマチック仕様の開発、導入が待望されていました」と話す。

そこで、「今回発表する新しいアバルト500のラインナップは次の4つのモデルから構成されています」とし、「まず旧型アバルト500と同様のMT専用車ながら、装備見直しによって大幅な低価格を実現した、新型アバルト500。そして、待望のセミオートマチックトランスミッションを搭載し、アバルト500を大幅にアップグレードした商品内容を持つ『595シリーズ』の3モデル、595ツーリズモ、595Cツーリズモ、595コンペティツィオーネを投入。合計4つのモデルとなります」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集