2012年のGM世界新車販売、2.9%増の929万台

自動車 ビジネス 海外マーケット

米国の自動車最大手、GMは1月14日、2012年の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は928万8277台。前年比は2.9%増だった。

市場別では、北米が米国の好景気を反映して、前年比3.2%増の301万8576台と堅調。しかし、欧州は前年比8.2%減の160万7176台と、信用不安の影響を受けた。南米も、前年比1.9%減の104万6594台にとどまる。

一方、アジア太平洋地域やアフリカ、中東では、前年比10.1%増の361万5931台と、2桁増を達成。これは中国の新車販売が好調だったのが要因だ。GMは中国で2012年、283万6128台を販売。2011年の254万7171台を上回り、過去最高を記録した。前年比は11.3%増と伸びた。

GMの世界販売の主力はシボレーブランド。GMのドン・ジョンソン副社長は、「シボレーは2012年、史上最大規規模で新型車を投入した」と述べ、好調な販売の要因を分析している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集