VW、世界ラリー選手権への参戦を開始…1月15日開幕

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フィンランドで開発テスト中のフォルクスワーゲン・ポロR WRC
  • フィンランドで開発テスト中のフォルクスワーゲン・ポロR WRC
  • フォルクスワーゲン ポロR WRCのテスト映像
  • セバスチャン オジェ
  • ヤリ-マティ ラトバラ
フォルクスワーゲンは、1月15日に開幕する「ラリーモンテカルロ」より、FIA世界ラリー選手権(WRC)への本格参戦を開始する。

開幕戦となるラリーモンテカルロは、1911年に初めて開催され、2013年で81回目を数える伝統のイベント。競技はフランス国内の山岳路を舞台として行なわれる。

フォルクスワーゲンは、このラリーに2台の『ポロR WRC』を投入。ポロR WRCは、『ポロ』をベースに開発したフルタイム4WDマシン。直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンは、最大出力315ps、最大トルク43.3kgmを発生する。

ドライバーは、ドライバーは、セバスチャン・オジエ(フランス)と、ヤリ-マティ・ラトバラ(フィンランド)を起用。いずれもWRCでの経験は豊富で、特にオジェは2009年の同イベントで優勝を飾っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集