インドの真髄を知る…スペシャリストに聞くこれからのインド自動車産業

自動車 ビジネス 海外マーケット

タタモーターズ、プレスカンファレンスのようす(デリーモーターショー12)
  • タタモーターズ、プレスカンファレンスのようす(デリーモーターショー12)
  • タタモーターズ プレスカンファレンスのようす(デリーモーターショー12)
  • マルチスズキ(デリーモーターショー12)
  • マルチスズキ (デリーモーターショー12)
イードは、インドの自動車業界に関するセミナーを開催する。

12億人を抱えるインド国内の2011年の新車販売(商用車含む)は、329万4257台。インド国内の需要増大もさることながら、今後は輸出拠点としても存在感を高めていくことが見込まれる。各国企業が拡大するインド市場のビジネスチャンスを狙う。

インド参入にあたっては、特有の文化や、整備が進行中の交通およびエネルギーインフラ、人材・労務管理等、課題が散見される。イードはこうした課題をクリアするための事前準備、情報収集の一助となるセミナーを開催する。

セミナー参加のお申し込みはこちら

セミナーでは、自動車産業アナリストとしてアジア地域を中心に取材・調査およびレポート執筆を行い『FOURINアジア自動車調査月報』の編集長を務めるフォーインの中田徹氏による「インド自動車産業の現状と今後」と題した講演を予定。さらに、Maruti Suzuki India にて25年間、製造ライン、生産管理などを担当し、現在はコンサルタントとして活躍するランジャン ワーシスト氏をインドより招き、パネルディスカッション形式で「インド自動車業界成功の秘訣や市場特性」を探る。

レスポンスコラム 中田徹の沸騰アジア

【中田徹の沸騰アジア】加速するインドメーカーの欧米企業買収…タタのJLR買収はお得だった

【中田徹の沸騰アジア】ディーゼル車問題に揺れるインド、日系企業の課題とは

また、2013年7月21日~27日開催予定の「自動車関連企業様向けインド派遣公開講座~インド自動車業界トップ企業訪問・工場視察を通じて現地サプライチェーンを体感~」を紹介する。

◆セミナー詳細
日程:2013年2月25日(月)
時間:14時00分~17時00分(開場13時40分)
場所:ベルサール八重洲
対象:法人担当者限定
・インド進出をご検討中または進出している自動車関連企業の経営企画室海外事業部担当者や現地法人社員
・「自動車関連企業様向けインド派遣公開講座」の参加を検討する方
参加費:5000円(税込)
セミナー内容:
■第一部 基調講演
「インド自動車業界の現状と今後」フォーイン 中田徹氏
■第二部 パネルディスカッション
「インド自動車業界成功の秘訣や市場特性」ランジャン ワーシスト氏、アルーインド マネージングディレクター 岩名隼人氏
■第三部 質疑応答

セミナー参加のお申し込みはこちら
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集