JFEエンジニアリング、商船三井からVLCC向けバラスト水処理装置を受注

船舶 企業動向

バラスト水処理装置「JFEバラストエース」を搭載
  • バラスト水処理装置「JFEバラストエース」を搭載
JFEエンジニアリングは、商船三井から就航中の大型原油タンカー(VLCC)向けに、バラスト水処理装置「JFEバラストエース」を受注したと発表した。

商船三井は、同社が掲げる「環境戦略目標」の中で、バラスト水処理装置の先行搭載プロジェクトを推進しており、この一環として今回搭載を決定した。国内船主による就航中のVLCCへのバラスト水処理装置の搭載は初めて。

JFEエンジが今回受注した装置は、3500m3/h×2台(防爆)+350m3/h(非防爆)と、国内船最大の処理能力を持つ防爆仕様となる。搭載工事は今年3~4月の本船入渠時に実施する予定。

商船三井では装置選定に当たって、JFEバラストエースの設置スペースや消費電力が小さいというメリットに加え、バラスト水の大量処理の確実性、安全性、アフターサービス面での信頼性を高く評価して採用した。

バラスト水規制は、昨年6月にUSCG(米国沿岸警備隊)による地域規制が発効、今年12月1日以降の起工船で米国海域内を航行する際、バラスト水処理装置の搭載が義務付けられる。また、IMO(国際海事機関)のバラスト水管理条約も発効に向け批准が進んでいる。

これらを背景にJFEエンジのJFEバラストエースは、累計受注台数260隻を突破し、国内三大船主のすべてに採用されている。JFEエンジでは引き続き、あらゆる船種・船型の搭載計画船への受注拡大を図っていく方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集