ANA、「八重の桜・ラッピングジェット」で被災地・福島を応援…1月14日就航

船舶 企業動向

全日本空輸(ANA)は、福島県・NHKと共同で、1月6日からNHKで放送が開始された大河ドラマ「八重の桜」のラッピングジェットを就航させると発表した。

ボーイング767-300型機に、主なドラマ出演者の写真を機体の左右に縦約2m、横約13mにわたってデザインした「八重の桜ラッピングジェット」は、日本全国の空を飛び回り、福島県が舞台となる「八重の桜」を就航各地でアピールすることで、震災復興を空から応援するとしている。

八重の桜ラッピングジェットは1月14日~2013年12月頃まで就航する予定で、初便は1月14日13時羽田発・伊丹(大阪)行きのNH25便となる。


ANAでは、「八重の桜」の放送を機に、ドラマゆかりの地である福島県の観光需要や人・物の交流促進に努め、震災復興に協力する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集