【笹子トンネル事故】仮開通後2度目の追突事故...再び通行止め

自動車 ニューモデル 新型車

仮開通3日間で2度の事故が発生。通行止めとなった笹子トンネル(山梨県)
  • 仮開通3日間で2度の事故が発生。通行止めとなった笹子トンネル(山梨県)
31日10時03分頃、中央道笹子トンネル内で再び交通事故が発生した。

現場はトンネルほぼ中央の83.9kp(キロポスト)付近。下り車線で乗用車を含む4台が関係する追突事故。事故による負傷者がいる。中日本高速会社によると、対向車線にはみ出している車両はないもよう。

事故発生当時は、めだった渋滞はなかった。

中央道は勝沼IC~大月JCTの上下線で通行止めが続いている。

笹子トンネルは29日14時に対面通行で仮開通したが、30日15時頃に普通乗用車と軽四輪車の車両5台が関係する事故が発生。約3時間30分通行止めが続き、解除になったばかり。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集