AIRDO、札幌~神戸線を新規就航、仙台線も増便

航空 企業動向

AIRDO(エア・ドゥ)は、2013年6月中旬から札幌~神戸線を新規就航するとともに札幌~仙台線を増便すると発表した。

同社はこれまで、札幌をベースに、羽田、仙台、福島、新潟、富山、小松を結ぶネットワークを展開しているが、西日本方面へ就航、利用者利便の向上を図る。

新路線となる札幌~神戸線は1日2往復で運航する。

また、札幌~仙台線は現在1日4往復運航しているが、5往復に増便する。利用者の選択肢を拡大して顧客満足度の向上を図る。

両路線ともにボーイングの「737-700型機」(144席)か、「737-500型機」(126席)を使用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集