住友三井オートサービスなど4社、リースとローンの複合商品を取り扱い開始

自動車 ビジネス 企業動向

カーリースローンのスキーム図
  • カーリースローンのスキーム図
  • 住友三井オートサービス(webサイト)
クレイン農業協同組合(山梨県都留市・JAクレイン)は住友三井オートサービスと提携し、12月25日より「カーリースローン」の取り扱いを開始した。

本スキームにおけるローンの保証業務は三井住友フィナンシャルグループのセディナが取扱うこととし、住友三井オートサービスのリース業務提携事業者であるアグルとの関係4社による業務提携契約に基づいた協働により、新たな金融サービスの提供体制を構築した。

今回取り扱いを開始したカーリースオートローンでは、JAクレインがリース料金を住友三井オートサービスに一括前払い、組合員はJAクレインとローン契約を結び、月々返済していく。ローン形式での資金調達をしながら、リースとしてのメリットも享受できる商品となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集