JALグループ、新制服デザイン決定…2013年度上期から導入

船舶 企業動向

運航乗務員
  • 運航乗務員
  • 客室乗務員
  • 地上スタッフ
  • 整備スタッフ
  • 搭載・貨物作業スタッフ
JALグループは、2013年度上期より着用する新制服のデザインを決定した。

新デザインは、新生JALブランドのコンセプトをベースに、清楚で上質なものを目指すとともに、航空機のデザイン・空港のサインとも調和し、利用客に一目で「JALグループの社員」と認識してもらえるものとした。

着用するのは、航空運送事業に関わる全部門、計約2万6700人。従来異なるデザインだったJALグループ内の客室乗務員や搭載・貨物部門の制服のデザインを統一することや、素材・管理方法について徹底的な見直しを実施することにより、大幅なコスト削減を実現している。

なお、今回の新制服の導入に際しては、JALグループ内の各部門から選抜した「新制服プロジェクトチーム」を結成。そこにデザイナーの丸山敬太氏が参画し、着用する社員の想いを取り入れながら、「美しいデザイン」「吟味された機能性」「おもてなしの心」を体現した新制服を創りあげた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集