大間~函館フェリーの新造船「大函丸」…広島・内海造船で進水式

船舶 企業動向

船尾から海水にゆっくり浸かる大函丸
  • 船尾から海水にゆっくり浸かる大函丸
  • 船尾から海水にゆっくり浸かる大函丸
  • 海に初めて浮かんだ大函丸
  • 進水前の大函丸
  • 進水前の大函丸
  • 進水前の大函丸
  • 進水前の大函丸
  • 進水前の大函丸
1985トンの船体が、青森県大間町や津軽海峡フェリーの関係者たちに見守られながら、ゆっくりと海へ進水。広島県尾道市の内海造船瀬戸田工場で13日、大間~函館フェリー航路の新造船・大函丸(だいかんまる)の進水式が行われた。

建造費は26億円。事業主体は大間町で、県から5億円の支援と、鉄道建設・運輸施設整備支援機構から5億円の融資を受けて建造。運航は青森~函館フェリー航路などを有する津軽海峡フェリーが行う。

大函丸は2013年4月、老朽化した現行船・ばあゆ(1529トン)を置き換えるかたちでデビューする予定。この新造船の就航にあわせ、大間港に新ターミナルもオープンする。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集