フィアット、ジープブランドを2013年にインドへ投入

自動車 ビジネス 企業動向

ジープ ラングラー・アンリミテッド サハラ
  • ジープ ラングラー・アンリミテッド サハラ
  • ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ・ラングラー
  • ジープ・パトリオット2012年モデル
  • ジープ・コンパス
イタリアの自動車大手、フィアットのインド法人、フィアットグループ・オートモビル・インディア・プライベート・リミテッドは12月6日、2013年にジープブランドをインド市場に導入すると発表した。

これは、フィアットとクライスラーグループの提携を生かした戦略。クライスラーグループ傘下のジープブランドが、初めてインド市場に正規輸入される。

インドで発売するジープブランド車は、『ラングラー』や『グランドチェロキー』など。現地のフィアットディーラーを拡大する形で、ジープの販売ネットワークを構築し、2013年内にインドでジープ各車を発売する予定。

また、フィアットグループ・オートモビル・インディア・プライベート・リミテッドは、今後数年間にインド市場へ、フィアットとジープブランド車の新型(改良モデルを含む)9車種を導入する計画だ。

ジープブランドのマイク・マンレイ社長兼CEOは、「我々のインド市場攻略は3本柱で進める。まずは、ジープブランドの導入。そして、ディーラーネットワークの拡大。最後がインドでの認知度向上だ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集