「STOP暴力」共同制作ポスターを駅構内、列車内に掲出

鉄道 行政

暴力行為防止ポスター「STOP暴力」
  • 暴力行為防止ポスター「STOP暴力」
  • 暴力行為防止ポスター「STOP暴力」
JR5社を始めとする鉄道事業者66社局は共同で、暴力行為防止ポスター「STOP暴力」を制作、12月10日から、各社の駅構内、列車内に掲出する。

昨今、駅や列車内における利用客同士のトラブルや、駅係員や乗務員などの鉄道係員に対する暴力行為が増加。今回の取り組みは、各鉄道事業者が連携して、利用客に対し暴力行為の防止を呼びかけるもの。暴力行為が発生しやすい年末年始期に重点的にポスター掲出を行うことで暴力被害件数の減少を図り、より安全・安心に鉄道を利用できる環境を実現することを目的としている。

ポスターは駅構内に約6700枚、列車内に約5万6000枚、12月10日から2013年2月9日までの2か月間掲出する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集