【ダイハツ ムーヴ 発表直前】軽自動車初の衝突回避支援システム搭載

自動車 ニューモデル 新型車

ムーブ 現行
  • ムーブ 現行
  • ダイハツ ムーブ 改良モデルのティーザー画像
  • ムーブ 現行
ダイハツがマイナーチェンジを予定している『ムーヴ』。改良モデルでは、レーダー技術を用いて追突や誤発進の防止を図る「スマートアシスト」を、軽自動車で初めて搭載することが明らかになった。

スマートアシストは、20km/h程度での走行時に、前方に障害物があった場合に自動的にブレーキを作動させる。衝突事故防止を主な目的としているため、オートクルーズコントロール(ACC)は搭載されない。

一方で、機能を限定したことにより、スマートアシスト搭載グレードと非搭載グレードの価格差は5〜6万円程度に抑えられている。

ムーブのマイナーチェンジは12月20日の予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集