【日産 シルフィ 発売】志賀COO、「ブルーバード」は重要な資産

自動車 ビジネス 国内マーケット

シルフィを発表する志賀俊之COO
  • シルフィを発表する志賀俊之COO
  • 日産・シルフィ
シルフィの初代は2000年に『ブルーバードシルフィ』として登場、今回の全面改良で3代目となったのを機に『シルフィ』に”改名”した。志賀俊之COOは「ブランドが定着したことを踏まえ、モデル名を『シルフィ』にした」と述べた。

もっとも「ブルーバード」は、日産の乗用車の基礎を築いてきた由緒あるネーミング。志賀COOも「510」のコード名で知られる3代目(1967年~)の「SSS」モデルにあこがれて「日産に入った」と振り返る。

ライバルだったトヨタ自動車の『コロナ』との開発・販売競争は、「CB戦争」とも呼ばれた。そのコロナもすでに車名としては消えている。志賀COOは今後のブルーバードの扱いについて「中国では『サニー』も復活した。日産の重要なアセット(資産)として置いておきたい」と、将来の活用に含みを残した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集