しなの鉄道のもと国鉄169系、老朽化で2013年4月29日に引退

鉄道 企業動向

しなの鉄道
  • しなの鉄道
  • しなの鉄道
  • 吾妻線で活躍する115系
  • 165系の足回りを流用する107系
  • しなの鉄道資料より
しなの鉄道は、次回ダイヤ改正より169系電車を定期運用から外すと発表。もと国鉄169系の営業運転を2013年4月29日で終了する。

車両の老朽化により引退する編成は、169系のトップナンバーS51編成、湘南色で活躍するS52編成、しなの鉄道開業当初から活躍するS53編成。

この車両の引退にあたり同社は「2013年度は旧信越本線(軽井沢~関山間)が開業125周年の記念すべき年を迎える。その年に引退するのは何かのめぐり合わせかと感慨深いものがある。最後の花道を飾るべく、『ありがとう・さようなら169系』と題して、記念イベントを実施する」と述べ、さよならイベントなどを実施する。

12月22日には、本社前で「ありがとう169系イベント」が開催され、169系S54編成部品販売会や169系しなの色と湘南色の共演イベントなどが行われる。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集