12月1日に創立60周年を迎えたANA、客室乗務員の制服をリニューアル

航空 企業動向

12月1日に創立60周年を迎えたANA、客室乗務員の制服をリニューアル
  • 12月1日に創立60周年を迎えたANA、客室乗務員の制服をリニューアル
全日本空輸(ANA)は12月1日、創立60周年を迎えた。

創立60周年を機に、現在の客室乗務員と空港グランドスタッフの制服を全面リニューアルすることを決めた。

新制服の着用は、2014年春を目途に実施する予定。

同社では「1952年に設立されて以来、数々の苦難を乗り越え、60年の長きに渡り事業を続けることができましたのは、お客様をはじめとする多くの方々の格別のご愛顧、ご支援の賜物で、心より御礼申し上げます」とのコメントを公表。

同社は60周年記念行事のひとつとして機体デザインコンテストを実施、日本をはじめとする世界36カ国から、7042作品の応募があった。入賞9作品の中から乗客とANAグループ社員の投票により機体デザインを決定し、2013年2月中旬から国内線に就航させる予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集