中国の上海汽車、欧州デザイン責任者を指名…日産からヘッドハンティング

自動車 ビジネス

上海汽車の欧州デザイン責任者に就任する元日産のMartin Uhlarik氏
  • 上海汽車の欧州デザイン責任者に就任する元日産のMartin Uhlarik氏
  • 上海汽車の栄威950(北京モーターショー12)
中国の自動車大手、上海汽車(SAIC)。同社の欧州部門のデザイン責任者に、元日産自動車のデザイナーが起用されることが分かった。

これは上海汽車が、英国のデザインセンターの拡張計画公表に合わせて明らかにしたもの。Martin Uhlarik氏が、欧州部門のデザイン責任者に就任するとアナウンスされたのだ。

Martin Uhlarik氏は、カナダ生まれ。フォルクスワーゲングループ傘下のシュコダで、内装のデザインを手がけた後、英国ロンドンの日産デザインヨーロッパにヘッドハンティング。プロジェクトデザインリーダーを務めていた。

日産在籍時代、Martin Uhlarik氏は、2003年にコンセプトカーの『Evalia』のデザインを担当。2007年には『NV200コンセプト』、2010年には『キャシュカイ』(日本名:『デュアリス』)のマイナーチェンジを手がけている。

Martin Uhlarik氏は、「上海汽車傘下のMGは英国と世界で復活しようとしている。上海汽車とMGの未来の車が、我々デザイナーにエキサイティングな時間をもたらすだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集