初代から正常進化を遂げた4代目ゴルフ[写真蔵]

自動車 ビジネス 企業動向
フォルクスワーゲン 4代目ゴルフ
  • フォルクスワーゲン 4代目ゴルフ
  • フォルクスワーゲン ゴルフ R32
  • フォルクスワーゲン 4代目ゴルフGTI
  • フォルクスワーゲン 4代目ゴルフ
  • フォルクスワーゲン 4代目ゴルフ
  • フォルクスワーゲン 4代目ゴルフGTI
  • フォルクスワーゲン 4代目ゴルフGTI
  • フォルクスワーゲン 4代目ゴルフGTI
アウディ『A3』とプラットフォームの共有、衝突安全性確保のためのボディ大型化により、全グレードが3ナンバー幅となった4代目『ゴルフ』。初代と比べると明らかに大きく、高級感のあるハッチバックとなった。

高級化路線をコンセプトに掲げ、内外装の品質向上が図られた。特に内装の変化は大きなものとなった。フォルクスワーゲンRシリーズ『ニュービートル RSi』に続き3.2リットルV6エンジンを搭載した『ゴルフ R32』を設定した。

4代目GTIでは、初の1.8リットルターボエンジンを搭載したが、初代、2代目の持っていたホットハッチのイメージから進化し、高速ツアラー、プレミアムハッチバックとしての性格を強めた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集