JR東、訪日外国人向け無線LANサービスを無償提供

自動車 ニューモデル 新型車
利用可能な場所を示すステッカー「JR-EAST FREE Wi-Fi」
  • 利用可能な場所を示すステッカー「JR-EAST FREE Wi-Fi」
  • 画面イメージ
 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)は4日、東日本旅客鉄道(JR東日本)が訪日外国人に向けて提供する無料公衆無線LANサービスの環境整備および運用を受託したことを発表した。

 東京駅(10月1日オープン)、成田空港駅、空港第2ビル駅、羽田空港国際線ビル駅(東京モノレール)の3駅にある「JR EAST Travel Service Center」、東京駅、浜松町駅、田町駅、渋谷駅、原宿駅、代々木駅、新宿駅、池袋駅、上野駅、御徒町駅、秋葉原駅、神田駅、舞浜駅の13駅にて、インターネット接続サービス等の提供を10月1日より開始する。「JR-EAST FREE Wi-Fi」のステッカーのある場所の近くで利用可能となり、1日に何回でも利用できる(1回3時間まで)。SSIDは「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」で、大規模災害時には、インターネットを開放し、登録なしで利用可能となる。

 環境整備にあたっては、公衆無線LANサービス構築に特化した、NTTBPのクラウドサービスを用いることで、「インターネット認証」「4ヶ国語対応」等の公衆無線LANサービスの基本機能を、専用設備を構築するよりも短期間かつ低コストで提供する。JR東日本のキャンペーン情報の配信、災害時におけるインターネット開放といった付加サービスもクラウドサービスの機能を用いて実現したとのこと。

JR東日本、訪日外国人向けに無料公衆無線LANサービスを提供……NTTBPが環境整備・運用を受託

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集