ランボルギーニ、2013年に創業50周年…記念車発売の可能性も

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニの50周年記念ロゴを披露した同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO
  • ランボルギーニの50周年記念ロゴを披露した同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO
  • カウンタック LP400(資料画像)
  • ミウラ・イオタ(1970年)
  • ランボルギーニ ミウラ
  • ランボルギーニ ミウラ
  • ランボルギーニ ウラッコ
  • ランボルギーニ ウラッコ
  • ランボルギーニ ウラッコ
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニ。2013年に創業50周年を迎える同社が、それを記念する特別モデルを発売するかどうかに注目が集まっている。

8月17日、ランボルギーニは米国で開催されたクラシックカーの一大イベント、「Quail and Concorso Italiano」において、50周年を祝う複数の記念行事の計画を公表。同時に、同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOが、ランボルギーニの50周年記念ロゴを初公開した。

過去を振り返ると、ランボルギーニは創業25周年を記念して『カウンタック』に「25thアニバーサリー」(1988年)、30周年を記念して『ディアブロ』に「SE30」(1993年)、40周年を記念して『ムルシエラゴ』に「40thアニバーサリー」(2003年)を設定している。

現時点では、ランボルギーニから50周年記念モデルに関する発表はない。しかし、50周年といえば大きな節目となるだけに、何らかのアニバーサリーモデルが登場する可能性は高い。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集