【レクサス LS 発表直前】スピンドルグリル採用…エクステリア一新へ

自動車 ニューモデル 新型車
レクサス・新型LSに採用される「スピンドルグリル」
  • レクサス・新型LSに採用される「スピンドルグリル」
  • レクサス・LS(現行モデル)
  • レクサス・新型LSのティーザー画像
  • レクサス・GSに装備されている12.3インチナビ
7月末にマイナーチェンジが施されるレクサスのフラッグシップサルーン『LS』。今回のマイナーチェンジにおける変更点の一部が明らかになった。

エクステリアデザインについては、次世代レクサスを象徴する「スピンドルグリル」が採用されるほか、全長が30mm延長される。また、カラーバリエーションにも変更があるという。その結果、新型LSは現行型とは大きく印象が異なるという。

インテリアでは、2月に発表された『GS』にも採用されている、センターコンソールでの操作が可能な12.3インチのワイドナビが搭載される。

そのほか、今回のマイナーチェンジでは新グレード「Fスポーツ」が追加されるなどの変更点があるが、パワートレインについては大きく変わらず、アイドリングストップの搭載や大幅な燃費向上はないという。

新型LSは、日本時間7月31日にサンフランシスコでワールドプレミアされる。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース