GoogleのChromeとDriveのiOS版がリリース

自動車 テクノロジー ネット
画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
 米Googleは28日(現地時間)、Google ChromeとGoogle DriveのiOSアプリを発表した。すでにApp Storeからダウンロードできるようになっている。ChromeはこれでWindows、Mac、Android、iOSと主要なプラットフォーム全てで使えるようになった。

 ChromeはAndroid版にほぼ準じる内容で、評価の高い高速性と操作性を継承している。Chromeの大きな特徴として同期機能があるが、当然ながらこの機能も継承された。同じGoogle アカウントでログインするだけで自動的にブックマーク、各種設定が同期される。

同期機能はタブにも及び、例えばWindowsのPCでWebブラウジングをしていて外出する場合、iPhoneやiPadのChromeを起動すれば、さっきまで見ていたタブを同期してそのままWebブラウジングを続行できる。このとき履歴も同期されるため、「戻る」ボタンも使うことができる。

 Google Driveは今年5月からスタートしたクラウドストレージサービスで、5GBまでの容量を無料で利用できる。iOSではSafariなどのブラウザから利用することも可能だったが、専用アプリが登場したことで利便性が格段に高まった。これまでは不可能だった、クラウド上のファイルの直接編集も可能になった。

GoogleのChromeとDriveのiOS版がついにリリース

《山田 正昭@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

  • Google、新型タブレット Nexus 7 発表…199ドル 画像 Google、新型タブレット Nexus 7 発表…199ドル
  • Google+のアプリがタブレットに最適化 画像 Google+のアプリがタブレットに最適化
  • Vizio、 99ドルのGoogle TV搭載STB「Co-Ster Stream Player」を発表 画像 Vizio、 99ドルのGoogle TV搭載STB「Co-Ster Stream Player」を発表
  • Google、脳シミュレーション…猫認識に成功 画像 Google、脳シミュレーション…猫認識に成功

特集

おすすめのニュース