SRT バイパー 量産第1号車、2400万円で落札

自動車 ニューモデル 新型車
SRTバイパー(ニューヨークモーターショー12)
  • SRTバイパー(ニューヨークモーターショー12)
  • SRTバイパー(ニューヨークモーターショー12)
  • SRTバイパー
  • SRTバイパー
クライスラーグループが2012年4月、ニューヨークモーターショー12で初公開したダッジ『バイパー』後継車、SRT『バイパー』。同車の量産第1号車が、高値落札されたことが分かった。

これは23日、米国カリフォルニア州で開催されたオークション、「バレットジャクソン」での出来事。同オークションに出品されたSRTバイパーの量産第1号車が、30万ドル(約2400万円)で落札されたのだ。

SRTバイパーは、8.4リットルV型10気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は640ps、最大トルクは83kgmと圧倒的だ。同社によると、自然吸気エンジンとしては世界最強のトルクを誇るという。

現時点では、SRTバイパーの価格は未公表。しかし、10万ドル(約800万円)クラスと予想されている。量産第1号車には、予想価格の3倍もの値がついた計算。なお、オークションの収益は、小児がん患者を支援する財団に寄付されることになっている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集