東芝など、安全規格ISO26262のソフトウェア開発プロセス認証取得

自動車 ビジネス 企業動向
東芝、パナソニック、ヴィッツの3社は、自動車向け機能安全規格「ISO26262」のソフトウェア開発プロセスに関わる認証を取得したことを発表した。同規格最高の安全度水準(ASIL-D)でのソフトウェア開発に対応可能であるとこが認められた。

「ISO26262」は2011年11月15日に国際標準規格として定められた、自動車向けの電気・電子部品を対象とする機能安全注に関する規格。ハードウェアやソフトウェアなど機能安全に関する要求条件が10章に渡って制定されており、4段階の安全度水準が定められている。

今回取得した「ISO26262」のソフトウェア開発プロセスに関わる認証は、取得した企業のソフトウェア開発プロセスが、「ISO26262」規格の要求に則っており、かつ3社が、規定されたプロセスに従ってソフトウェア開発を確実に実施できる企業であることを証明するもの。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 岐阜県、NEXCO中日本などとドクターヘリ運用の覚書を締結 画像 岐阜県、NEXCO中日本などとドクターヘリ運用の覚書を締結
  • [ナノテク12]トラックを改造した移動式土壌除染装置 東芝が福島に派遣 画像 [ナノテク12]トラックを改造した移動式土壌除染装置 東芝が福島に派遣
  • 東芝、機能安全規格に対応したマイコン2種類をサンプル出荷 画像 東芝、機能安全規格に対応したマイコン2種類をサンプル出荷
  • アルパイン、IT車載機器の開発で東北地方に産業創出 画像 アルパイン、IT車載機器の開発で東北地方に産業創出

特集