【東京モーターサイクルショー12】今年のヤマハはいつもと違う!

自動車 ニューモデル モーターショー

ヤマハ XTW250(東京モーターサイクルショー12)
  • ヤマハ XTW250(東京モーターサイクルショー12)
  • ヤマハSEROW(東京モーターサイクルショー12)
  • ヤマハSEROW(東京モーターサイクルショー12)
  • ヤマハWR450F(東京モーターサイクルショー12)
  • ヤマハWR450F(東京モーターサイクルショー12)
  • ヤマハWR250X(東京モーターサイクルショー12)
  • ヤマハTRICKER(東京モーターサイクルショー12)
  • ヤマハTY-S(東京モーターサイクルショー12)
今年の東京モーターサイクルショー、ヤマハ発動機のブースはオフロード車両が多く展示されている。例年だと大排気量の『YZF-R1』や『VMAX』などのスポーツバイクがメインステージを飾っているのだが、今年の主役はオフ車。

東京モーターショー11にも展示された参考出展車両『XTW250』や『SEROW』、『WR450』、『WR250』、『TRICKER』などがブースの一等地にずらりと並び、その他の車両は後方に配置されていた。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集