ソーシャルゲーム『AFTER FIRE』 レーシングチーム運営シミュレーション提供開始

モータースポーツ/エンタメ ゲーム
アイフリーク『AFTER FIRE』
  • アイフリーク『AFTER FIRE』
  • アイフリーク『AFTER FIRE』
  • アイフリーク『AFTER FIRE』
  • アイフリーク『AFTER FIRE』
アイフリークは、2月29日より、ソーシャル・ネットワーキング・サービスであるグリーの「GREE」およびディー・エヌ・エー(DeNA)の「Mobage」にて、ソーシャルゲーム『AFTER FIRE』(フィーチャーホン版)の提供を開始した。

サービス開始以降、プラットフォーム2つを総合し、約1万8000人に利用されている。

ゲーム内には国内カーメーカー8社からライセンスを受けた全100車種以上の実在車が登場し、毎日開催されるグランプリレースで走らせることができる。また、実在企業をレーシングチームのスポンサーとするシステムや、全32種のコース、レーサー、チューニングパーツなども選ぶことができる。

同サービスは4月上旬にスマートフォンへの対応も予定している。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集