【ジュネーブモーターショー12】日産 インビテーション…「コンパクトカーの顧客に招待状」

自動車 ニューモデル モーターショー
日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産 インヴィテーション(ジュネーブモーターショー12)
6日、スイスで開催したジュネーブモーターショー12。日産自動車のブースでは、コンセプトカーの『ハイ クロス』とともに、もう1台のコンセプトカー、『インビテーション』がワールドプレミアを飾った。

同車は、日産の次世代欧州Bセグメント車を提案したコンセプトカー。その市販バージョンは、2013年に登場することがアナウンスされている。

今回、ジュネーブモーターショー12では、インビテーションの詳細が明らかに。まずはボディサイズ。5ドアハッチバックのボディは、全長4150×全幅1740×全高1470mmと公表された。

インビテーションは、次期『ノート』を示唆した1台と見られている。ノートのボディサイズは、全長4020×全幅1690×全高1535mmだから、インビテーションは全長が130mm伸び、全幅も50mm拡大。一方、全高は65mm低くなった。

ダイナミックなデザインは、インビテーションの大きな特徴。スカッシュラインと名づけられたボディサイドのキャラクターラインが、力強い印象を生んでいる。前後のフェンダーは、彫りの深いデザイン。その流れるようなシルエットは、日産によると、クラストップの空力性能を実現し、燃費の向上に貢献するという。

日産自動車の商品企画本部、フランソワ・バンコン副本部長は、「感性に訴えかけるデザインと、広々として心地よいインテリアスペース、コンパクトサイズの中に賢くパッケージングされた装備…。インビテーションはコンパクトハッチバックセグメントの顧客に向けた日産からの招待状」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー12】フィアット 500L…5ドアMPV派生 画像 【ジュネーブモーターショー12】フィアット 500L…5ドアMPV派生
  • 【ジュネーブモーターショー12】フォード B-MAX、ピラー一体の両側スライドドア採用 画像 【ジュネーブモーターショー12】フォード B-MAX、ピラー一体の両側スライドドア採用
  • 【デリーモーターショー12】スズキ エルティガ 初公開…3列シートの小型MPV 画像 【デリーモーターショー12】スズキ エルティガ 初公開…3列シートの小型MPV
  • 【ジュネーブモーターショー09】トヨタ ヴァーソ 新型…欧州向け小型MPVが進化 画像 【ジュネーブモーターショー09】トヨタ ヴァーソ 新型…欧州向け小型MPVが進化

特集