ポルシェジャパン、2012年は過去最高の販売台数を目指す

自動車 ビジネス 国内マーケット
ポルシェジャパンはポルシェ911カレラ新型を発表
  • ポルシェジャパンはポルシェ911カレラ新型を発表
  • ポルシェジャパンの黒坂登志明社長
  • ポルシェジャパンはポルシェ911カレラ新型を発表
  • ポルシェジャパンはポルシェ911カレラ新型を発表
  • ポルシェジャパンはポルシェ911カレラ新型を発表
  • ポルシェジャパンはポルシェ911カレラ新型を発表
ポルシェジャパンは28日、ポルシェ『911』新型の発表会を開催。同社の黒坂登志明社長は、2012年の同社の販売目標について「会社設立以来、過去最高となった2007年の年間登録台数4200台を超える新記録を目指す」と述べた。

黒坂社長は、昨年2011年におけるブランド全体の販売台数について「当初、東日本大震災により販売台数は30%位ダウンすると見込んでいた。また、2011年の輸入車販売で伸びた、“グリーンとダウンサイズ”といったコンセプトを持つ車が、ポルシェのラインナップにはなかったが、結果として前年比+7%となり満足している」と振り返った。

今回、ポルシェブランドの本命となる新型911の導入で、黒坂社長は「(ブランド全体で)過去最高を超える4300台くらいを登録していきたい。台数的には、911が一番のボリュームとなり、次に『カイエン』、また、『パナメーラ』の販売がジリジリと伸びてきているので期待したい」と語った。

ポルシェジャパンでは、今回発表した新型911に加えて、今後ジュネーブモーターショーで公開される『ボクスター』の新型も年内には日本導入予定としている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集