【ロサンゼルスモーターショー11】任天堂から実物大のマリオカートが出現

自動車 ニューモデル モーターショー
任天堂のブースで披露された実物大のマリオカート(ロサンゼルスモーターショー11)
  • 任天堂のブースで披露された実物大のマリオカート(ロサンゼルスモーターショー11)
  • 任天堂のブースで披露された実物大のマリオカート(ロサンゼルスモーターショー11)
16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11。同ショーに初参加の任天堂は17日、プレスカンファレンスを開催し、実物大の『マリオカート』を披露した。

これは任天堂の米国法人、任天堂オブアメリカと、米西海岸に本拠を置く車のカスタマイズドショップ、「West Coast Customs」(ウェスト・コースト・カスタムズ)とのコラボレーションで誕生した1台。

West Coast Customsは、ハリウッドスターの愛車のカスタマイズを手がけて有名になり、最近では、お騒がせセレブのパリス・ヒルトンの愛車、ベントレー『コンチネンタルGT』を全身ピンクでカスタマイズしたことでも知られる。

この実物大のマリオカート、『Nintendo 3DS』用のゲームソフト、『マリオカート7』の米国発売に合わせて製作されたもの。任天堂オブアメリカの社長兼COOのReggie Fils-Aime氏は「マリオカート7は、任天堂の傑作ゲームのひとつだ」とアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集