出光興産、北海での油田開発計画を政府に提出

自動車 ビジネス 企業動向

ビグディス・ノースイースト油田の位置図
  • ビグディス・ノースイースト油田の位置図
出光興産は、子会社の出光スノーレ石油開発がノルウェー現地法人の出光ペトロリアムノルゲ(IPN)を通じてビグディス・ノースイースト油田の開発計画をノルウェー政府に提出したと発表した。

ビグディス・ノースイースト油田は、すでに生産を開始しているスノーレ油田の南約5kmに位置し、水深は290m。可採埋蔵量は原油換算で3300万バーレルで2012年12月の生産開始を見込んでいる。出光は権益の9.6%、300万バーレルを保有する。

油田の開発では、海底生産設備を設置し、油田近くにあるビグディス油田とスノーレ油田の既存施設に接続して生産操業する計画。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集