【新聞ウォッチ】止まらない余震、宮城で震度6強

モータースポーツ/エンタメ 出版物
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2011年4月8日付

●宮城で震度6強、3・11後、最大余震、東北各地で停電(読売・1面)

●夏の節電、総力戦、工場は輪番休業得検討(読売・3面)

●トヨタ、EV向け技術強化、マイクロソフトと提携、車とIT共同開発加速(読売・8面)

●車・住宅購入に税減免、震災特例法案まとまる(朝日・5面)

●部品不足の影響小さく、生産再開まずはトラック(産経・8面)

●都知事選状勢石原氏優勢続く、東国原、渡辺両氏追う(東京・1面)

●電気自動車用リチウムイオン電池、GSユアサ、プジョー向け、生産コストを低減(日経・13面)

●トヨタ・ホンダ仙台港向け車輸送再開(日経・13面)


ひとくちコメント

「また来たか」と思った人も多かったことだろう。昨夜午後11時32分頃、東日本大震災の余震ともみられる地震が宮城県沖を中心にあった。震源の宮城県北部・中部で震度6強を観測したそうだ。

気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュードは7.4、震源の深さは約40kmと推定される。東日本大震災の余震で震度6強を観測したのは初めてという。

きょうの各紙も1面トップで「宮城で震度6強、3・11後、最大余震、東北各地で停電」(読売)などと、大きく報じている。地震の発生ですぐに気になるのは原発だが、東京電力によると、地震発生時、福島第一原子力発電所では外部電源に異常はなく、原子炉への注水や窒素注入作業は継続しているという。震源地に近い東北電力の女川原発では外部電源3系統のうち2系統が止まるなど、電源の一部に支障があったようだ。

「3・11」の時もそうだったが、交通網など具体的な被害が明らかになるのはこれからである。再び注意深く見守るしかない。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集