Android 2.3搭載 Xperia arc や世界最薄 MEDIAS など…NTTドコモ春モデル発表

自動車 テクノロジー ネット

NTTドコモ 代表取締役社長 山田隆持氏と、スペシャルゲストの朝倉あきさん(左)と、石野真子さん(右) NTTドコモ 代表取締役社長 山田隆持氏と、スペシャルゲストの朝倉あきさん(左)と、石野真子さん(右)
  • NTTドコモ 代表取締役社長 山田隆持氏と、スペシャルゲストの朝倉あきさん(左)と、石野真子さん(右) NTTドコモ 代表取締役社長 山田隆持氏と、スペシャルゲストの朝倉あきさん(左)と、石野真子さん(右)
  • MEDIAS N-04C「MEDIAS White」(左)、「MEDIAS Black」(右) MEDIAS N-04C「MEDIAS White」(左)、「MEDIAS Black」(右)
  • MEDIAS N-04C「MEDIAS White」 MEDIAS N-04C「MEDIAS White」
  • MEDIAS N-04C「MEDIAS White」 MEDIAS N-04C「MEDIAS White」
  • Xperia arc SO-01C「Sakura Pink」「Misty Silver」「Midnight Blue」 Xperia arc SO-01C「Sakura Pink」「Misty Silver」「Midnight Blue」
  • Xperia arc SO-01C「Sakura Pink」 Xperia arc SO-01C「Sakura Pink」
  • Xperia arc SO-01C「Sakura Pink」 Xperia arc SO-01C「Sakura Pink」
  • Optimus Pad L-06C「Mat Black」 Optimus Pad L-06C「Mat Black」
 NTTドコモは24日、春モデルの新端末として、「MEDIAS N-04C」「Xperia arc SO-01C」「Optimus Pad L-06C」の3機種を発表した。発売日は、「MEDIAS N-04C」が3月15日、「Xperia arc SO-01C」が3月24日、「Optimus Pad L-06C」が3月下旬を予定している。事前予約開始日は、「MEDIAS N-04C」「Xperia arc SO-01C」が3月4日から、「Optimus Pad L-06C」が3月15日からとなっている。

 「MEDIAS N-04C」(NEC製)は、世界最薄だという厚さ7.7mmのコンパクトサイズが特徴のスマートフォン。この薄いの端末の中に、おサイフケータイやワンセグ、赤外線機能などの高度な機能が詰め込まれている点が、大きな売りとなっている。4.0インチのVGA液晶ディスプレイ(480×854)には、傷に対する耐久性を持つCorning Gorillaガラスを採用した。OSはAndroid OS 2.2を搭載しているが、夏ごろにOS 2.3へアップデートされる予定。

 そのほかの機能として、カメラ(約500万画素)での撮影間隔が約1.1秒の「クイックショット」や、画面上で文字をタッチすることで検索できる「タップサーチ」機能、が搭載されている。また電話帳から、mixi、Twitter、Facebookなどのやりとりの履歴を一覧することが可能。サイズは高さ約127mm×幅約62mm×厚さ7.7mm、重さ約105g。静止時の連続待受時間は約360時間(3G)、約220時間(GSM)。連続通話時間は約250分(3G/GSM)となっている。カラーは「MEDIAS Black」「MEDIAS White」の2色が用意されている。

 「Xperia arc SO-01C」(ソニーエリクソン製)は、1月に米国で開催された「2011 International CES」でお披露目された端末で、最薄部8.7mmの薄型ボディで4.2インチの大型ディスプレイ(480×854)を搭載。また「Mobile BRAVIA Engine」を搭載し、より鮮やかな映像表現が可能に。カメラ機能は810万画素で、ソニー製裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を備えた。これにより高感度、低ノイズな画像表現ができる。HD動画撮影にも対応。また上り最大5.7Mbps、下り最大14Mbpsの高速通信に対応した(※14Mbpsのネットワーク対応は6月頃を予定)。サイズは高さ約125mm×幅約63mm×厚さ約10.9mm、重さ約118g。静止時の連続待受時間は約400時間(3G)、約270時間(GSM)。連続通話時間は約340分(3G)、約390分(GSM)となっている。カラーは「Sakura Pink」「Midnight Blue」「Misty Silver」の3色展開。

 「Optimus Pad L-06C」は、8.9インチディスプレイ(1,280×768)を備え、タブレット専用OSであるAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載。またデュアルコアプロセッサのNVIDIA Tegra 2(1GHz)を搭載し、スムーズな操作感を実現。HDMIミニプラグ(タイプC)対応のHDMIケーブル(別売)を用いて、フルHD動画をテレビで再生できる。「BeeTV」や「スマートフォン動画」にも対応した。カメラ機能は約200万画素。サイズは高さ約150mm×幅約243mm×厚さ約12.8mm、重さ約620g。静止時の連続待受時間は約900時間(3G)、約750時間(GSM)となっている。カラーは「Mat Black」。

Android 2.3搭載「Xperia arc」や世界最薄「MEDIAS」など……NTTドコモ春モデル3機種発表

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集