【シカゴモーターショー11】シェルビー GT350、40年ぶりのオープン

自動車 ニューモデル モーターショー

シェルビー GT350
  • シェルビー GT350
  • シェルビー GT350
  • シェルビー GT350
9日に開幕したシカゴモーターショー。フォード『マスタング』をベースにしたハイパフォーマンスモデルが公開された。出品したのは、あのキャロル・シェルビー氏が率いるシェルビーアメリカンだ。

かつての名車と同じシェルビー『GT350』と命名されたこのモデル、2012年型では従来のクーペボディだけでなく、オープンボディが用意されるのが特徴。マスタングベースのシェルビー車としては、オープンモデルの設定は1970年以来だという。

12年モデルも、引き続き3種類のエンジンが選択可能。最もホットなのはスーパーチャージャー仕様で、最大出力624psを発生。NA(自然吸気)仕様でも、最大出力は430psとパワフルだ。

ボディカラーはホワイトに加えて、12年モデルではレッドとブルーも選択可能に。トータルで350台が限定生産され、ベース価格は2万6995ドル(約225万円)からと公表された。

キャロル・シェルビー氏は「昨年、45年ぶりにGT350を復活させた。そのスタイルとエンジンサウンドは、1965年当時と変わらない」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集