【新聞ウォッチ】人も走るアクアライン 千葉県が市民マラソン構想

モータースポーツ/エンタメ 出版物

海ほたる
  • 海ほたる
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2011年2月3日付

●エジプト、デモ隊同士が衝突、反・親ムバラク派対立(読売・1面)

●車生産、国内の集約進む、工場再編、EV基幹化も(読売・9面)

●ガソリン価格9週連続上昇(読売・9面)

●TPP交渉、重要品目、例外化も、政府報告で可能性示唆、早期参加必要に(読売・9面)

●HVシステム開発合弁会社を設立へ、BMWとPSA(読売・9面)

●銀座・晴海に路面電車、中央区計画、20年導入目指す(読売・25面)

●パナソニック決算、3年ぶり増収増益、4〜12月期(朝日・10面)

●米トヨタ系、幹部減へ(朝日・11面)

●セブン-イレブン、買い物弱者向け宅配(毎日・8面)

●赤字大幅縮小、三菱自(東京・6面)

●来秋に市民マラソン開催、アクアラインを走る 千葉県方針(東京・26面)

●給油所過疎 市町村の1割、43年ぶり4万店割れへ(日経・5面)

●米新車販売、1月17%増 中小型、現代自4位に、フォードとホンダ抜く(日経・6面)

●賃上げ要求を6年ぶり見送り、富士重労組(日経・9面)

●自動車株、相場をけん引、昨年来高値に(日経・17面)


ひとくちコメント

神奈川県川崎市と千葉県木更津市とを海上で結ぶ東京湾アクアライン。千葉県がそのアクアラインをコースに盛り込んだ市民マラソン大会を2012年秋にも開催することを検討しているという。きょうの東京が社会面で報じている。

記事によると、木更津市の木更津金田インターから、パーキングエリアの「海ほたる」を折り返す橋部分の往復約10kmを含み、袖ヶ浦市内などをコースとするフルマラソンを検討中。参加者は1万5000人を見込んでいるという。

アクアラインでの市民マラソン構想は森田健作・千葉県知事が就任後に通行料金の値下げとともに掲げていた“公約”の目玉のひとつ。通行料金値下げについては、すでに2009年8月からETC(自動車料金収受システム)搭載車限定で「普通車800円」(通常3000円)などの社会実験を実施中。

筆者も先日、「800円」のアクアラインを利用して館山市まで早春の南房総のドライブを満喫したが、海底の中と海に浮かぶ約15kmを20分前後でのんびり走行中、追いこす車もなければ、対向車線でもすれ違う車はわずか数台ほどだった。

それでも房総の観光地では値下げに伴う経済効果はそれなりにみられるようだが、その社会実験も今年3月には終了する予定だ。千葉県は4月以降も国策での継続を求めており、マラソン構想は継続をアピールするためのパフォーマンスとの見方もあるようだ。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集