路上駐車のトレーラーに追突、バイクの男性死亡

自動車 社会 社会

17日午前5時25分ごろ、京都府京都市右京区内の府道で、道路左側の路肩に駐車していた大型トレーラーに対し、後ろから進行してきたバイクが追突する事故が起きた。バイクは転倒し、運転していた41歳の男性が死亡している。

京都府警・右京署によると、現場は京都市右京区梅津高畝町付近で、片側2車線の直線区間。トレーラーは第1車線で路上駐車していたが、後ろから進行してきたバイクが突っ込んだ。

バイクは転倒。運転していた西京区内に在住する41歳の男性は路上へ投げ出された際に全身を強打。近くの病院に収容されたが、まもなく死亡している。警察ではトレーラーを運転していた兵庫県神戸市内に在住する47歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

トレーラーは時間調整と休憩を兼ねて停車していたとみられ、警察では衝突防止措置を取っていたのかなどについて調べを進めている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品