Googleストリートビュー、画像を刷新

自動車 テクノロジー ネット

 グーグルは8日より、関東地方、関西地方および九州地方の一部の地域で、「Googleマップ ストリートビュー」の画像を再撮影したものに切り替えた。

 今回の更新により、街の移り変わりに追いついただけでなく、新しいカメラの導入により、より美しい画質の画像に差し替えられた。また、カメラ位置を2.45mから2.05mに下げて撮影した画像に置き換わっている。これにより、より実際の視点に近い写真になるとともに、塀の中の建物内が予期せず映ってしまっていたといったケースが減少する見込みだ。

 またあわせて、ユーザ依頼による公開停止において、従来の画像差し替えではなく、新しいぼかしツールを導入したことを明らかにした。ストリートビューでは、顔や車のナンバープレートに自動的にぼかし処理を施していたが、オンライン上のツールや電話窓口を通して依頼された場合、画像の公開を停止するとしていた。従来は、対象が写り込んでいる360度のパノラマ画像をすべて公開停止にする以外に方法がなく、対象周辺の画像もいっしょに消えてしまう、という問題があった。その一方で、周囲の店舗などから、「望んでいないのに画像が公開停止されてしまったので、復活させてほしい」という要望があげられることも多かったがめ、今回の画像更新を機に、手動でのぼかし対応を進化させ、より正確に、自宅や車など、依頼の部分のみにぼかしを入れるという対応に変更された。

 グーグルでは、その他の地域においても、現在再撮影を進めており、すでにストリートビューが展開されている地域については順次、新しい画像に切り替えていく予定。

Googleストリートビュー、画像を刷新……より最新、より鮮明、より低い目線など

《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集