【イクリプス EP001 写真蔵】AVN Liteゆずりのインターフェースで分かりやすさに配慮

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ジャンクションの拡大イラスト。
  • ジャンクションの拡大イラスト。
  • ETCレーン情報も表示される
  • 案内拡大
  • 探索条件指定
  • 取り付け時の配線。上がサイドブレーキや車速などの信号コネクタ、中央がカメラ入力、下が電源となっている
  • ゲル状の吸盤を設置しているので吸着力は十分だ
  • バックカメラユニット
  • 右側面は電源と音声出力
富士通テンが発表したイクリプス『EP001』は、同社としては初のPND。2DIN-AVNタイプの「AVN Lite」の使いやすさを継承し、PNDとしては初となるバックカメラ同梱モデルも設定されている。

特長はメニュー画面の大きなアイコン表示。明るさ・親しみやすさをイメージしたというUIはAVN Liteのデザインをほぼそのまま継承している。総合メニューのボタンは右側面にハードキーとして用意されている。

地図データの容量は8GBで、『AVN Lite AVN110M』と同様、インクリメントPが提供。走行レーン案内や交差点拡大図も用意されており、フルナビと同じ感覚で使うことができる。

携帯電話のBluetooth無線技術を利用し、ハンズフリー通話やインクリメントPの提供する「ケータイMapFan」との契約でオンデマンドVICSにも対応した。本体にマイクを内蔵しており、配線の引き回しなども不要。

GPS、ジャイロ、加速度センサーで自車位置をしっかり測位するほか、同梱の車速信号ケーブルを接続すれば、さらに自車位置精度が高まる。

さらに、ターゲット層でバックアイカメラの潜在的な需要が強いため、バックアイカメラパックをあらかじめ設定した。PNDのバックアイカメラパックは業界で初めて。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集