GMと上海汽車、新型パワートレイン共同開発へ

自動車 ビジネス 企業動向
GMと上海汽車が開発する新型小排気量エンジンのイメージ
  • GMと上海汽車が開発する新型小排気量エンジンのイメージ
GMと中国合弁パートナーの上海汽車は17日、小排気量ガソリンエンジンと新型トランスミッションを共同開発することで合意した。

両社が共同開発するガソリンエンジンは、排気量1.0〜1.5リットルクラスの小型車用ユニット。軽量コンパクト設計が特徴で、直噴技術やターボチャージャーなどが組み合わせられる。将来的に、GMと上海汽車が中国で生産するモデルに搭載され、全世界で販売される予定だ。

また、新型トランスミッションは、FF車用に開発されるデュアルクラッチタイプ。現行の6速AT比で、最大10%の燃費改善が追求される。GMによると、新エンジンとの相乗効果で、最大20%の燃費向上が見込めるという。

GMのトム・ステファン副会長は、「新型パワートレインの共同開発は、GMと上海汽車の強固なパートナーシップの表れ」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • GM中国新車販売、過去最高…7月実績 画像 GM中国新車販売、過去最高…7月実績
  • フォードと中国吉利、ボルボ売却手続きを完了 画像 フォードと中国吉利、ボルボ売却手続きを完了
  • [写真蔵]ボルボ XC60 T5 SE…競争力のある2.0リットル 画像 [写真蔵]ボルボ XC60 T5 SE…競争力のある2.0リットル
  • 【井元康一郎のビフォーアフター】ハイブリッド王国を揺るがす燃費競争 画像 【井元康一郎のビフォーアフター】ハイブリッド王国を揺るがす燃費競争
  • 燃費計に補助金が適用…テクトム 燃費マネージャーが実質半額に 画像 燃費計に補助金が適用…テクトム 燃費マネージャーが実質半額に

特集