レギュラーガソリン133.7円、12週連続値下がり

自動車 ビジネス 国内マーケット
石油情報センターが発表した石油製品の店頭小売価格の週次調査によると、8月16日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は1リットル当たり133.7円となり、前の週と比べて0.4円下落した。これで12週連続の値下がりとなった。

原油価格は、ほぼ安定して推移しているものの、為替の円高ドル安によって原油調達コストは下落しており、夏の需要期にもかかわらず価格は下落基調が続いている。

ハイオクガソリンは0.1円下落して144.5円、軽油は0.1円下落して113.9円だった。

★e燃費(運営:イード)によると、8月18日現在のレギュラーガソリンの全国平均価格は126.58円、ハイオクは137.14円、軽油は106.51円となっている。

石油情報センターによる平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • GSユアサのリチウムイオン電池システム、米LRVに採用 画像 GSユアサのリチウムイオン電池システム、米LRVに採用
  • 【日産 エルグランド 新型発表】2週間で6400台受注、月販目標の3倍 画像 【日産 エルグランド 新型発表】2週間で6400台受注、月販目標の3倍
  • 低燃費タイヤ、認知度が6割…ミシュラン 画像 低燃費タイヤ、認知度が6割…ミシュラン
  • お盆の渋滞は去年より減少、予想も下回る 画像 お盆の渋滞は去年より減少、予想も下回る

特集