ゴードンマレーの新型シティカー、駐車スペースは3分の1

自動車 ニューモデル 新型車
T.25
  • T.25
  • T.25
  • T.25
  • T.25
デザイナーのゴードン・マレー氏が率いる「ゴードンマレーデザイン」社は28日、英国で新型シティカーの『T.25』を初公開した。

ゴードン・マレー氏は、1992年に発表されたマクラーレン『F1』のデザインを担当したのが有名。同車は、F1のマクラーレンレーシングと同じグループ会社、英国のマクラーレンオートモーティブ社が、F1参戦から得たノウハウを投入して開発したスーパーカーだ。

マクラーレンF1は、BMW製6.1リットルV12(627ps)をミッドシップに搭載。カーボンやアルミをふんだんに使用したボディは、わずか1140kgという軽さで、最高速は391km/hと、まさに「ロードゴーイングF1」と呼ぶにふさわしい性能を誇った。

マクラーレンF1は、当時の価格が日本円で1億円というのも大きな話題になったが、フロント1、リア2という独自のシートレイアウトも前衛的と評価されている。

そんなゴードン・マレー氏は2009年9月、低価格シティコミューターの市販プランを公表。T.25と呼ばれるのがそのモデルで、今回、実車が初公開された。

T.25は、非常にコンパクトな車体が特徴。ボディサイズは、全長2400×全幅1300mm×全高1600mm。スマート『フォーツー』(全長2720×全幅1560mm×全高1540mm)との比較では、T.25は320mmも短く、260mmもスリムだ。

最小回転半径は、クラストップレベルの3mと取り回し性は優秀。乗降はドアではなく、カウルのようにボディ前半部を上方に開いて行う。こうすることで、1台分の駐車スペースに3台が停められるという。

スマートフォーツーが2シーターなのに対して、T.25では、3名乗車を可能にしている点も注目できる。それを実現するのが、「iセンター」と名づけられたシート配置だ。これはゴードン・マレー氏が学生時代の1966年に考案したもので、マクラーレンF1と同じく、中央にドライバーが座るスタイル。乗員はドライバーの後方左右に1名ずつが着座する。

iセンターは6通りのシートアレンジが可能。(1)大人3名、(2)大人2名+子ども1名、(3)大人1名+子ども2名、(4)大人2名、(5)大人1 名+子ども1名、(6)大人1名、に対応。各アレンジに要する時間は、30秒以内だという。

オールアルミ製エンジンは、660ccの直列3気筒ガソリン。最大出力51ps/7000rpm、最大トルク5.8kgm/4000rpmを発生する。トランスミッションは5速シーケンシャルだ。

T.25は、チューブラースチール製シャシーに、プラスチック製ボディパネルを組み合わせ、575kgの車重を実現。これにより、0-100km/h加速16.2秒、最高速156km/hの動力性能と、欧州複合モード燃費26.2km/リットル、CO2排出量86g/kmという環境性能を両立する。

T.25は2012年に市販予定。同じボディにEVパワートレインを積んだ『T.27』も開発中だ。ゴードン・マレー氏は、「本日、みなさんの前でT.25を初公開できて大変うれしい」とコメントしている。
《森脇稔》
【画像】ゴードンマレーの新型シティカー、駐車スペースは3分の1(4枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース