プジョー RCZ 先行受注開始

自動車 ニューモデル 新型車
RCZ
  • RCZ
  • RCZ
プジョー・シトロエン・ジャポンは21日、プジョー初のコンパクトスポーツクーペ『RCZ』の先行予約受付をオフィシャルホームページに開設するRCZスペシャルウェブサイトで開始した。RCZの発売は7月下旬を予定している。

RCZは、2007年のフランクフルトショーに出品されたコンセプトカー『308RCZ』を市販用に具現化したモデルで、欧州では2009年秋の同ショーで発表・発売した。2+2のコンパクトスポーツクーペで、モデル名にプジョー伝統の3桁数字を用いないのは珍しい例となる。

RCZのエクステリアデザインは、ルーフにふたつの「コブ」のような膨らみを持たせた「ダブル・バブルルーフ」とし、素材にアルミニウムを用いたパネルをAピラーからCピラーまでを貫く「アルミナム・アーチ」を採用した。

インテリアでは、インストゥルメントパネル内のメーター計器をクロームリングで縁取りした大径のメーターとした。同様にクロームリングで縁取りされたアナログ時計をダッシュボード中央上部に配置する。ダッシュボードは、優しい手触りが楽しめる新素材「プジョー・テクノテップ」を採用、質感を高めた。

エンジンは2種類を設定する。2種類ともに1.6リッターの直噴ツインスクロールターボ付きDOHC16バルブエンジン。右ハンドル仕様には最高出力156PS、最大トルク240Nmの「EP6CDT型」を搭載、左ハンドル仕様には、新開発「EP6CDTX」型を搭載する。RCZ向けに開発したエンジンで200PS、275Nmを発揮する。ヨーロッパの排出ガス規制新基準ユーロ5に対応する。

トランスミッションは、右ハンドル仕様は第2世代の6速ATを、左ハンドル仕様には6速MTを搭載する。6ATは、日本における走行パターンを考慮しながらスムーズなシフトチェンジと高い静粛性を実現、2速から6速のロックアップ領域を広げることでよりダイレクトなドライブフィールとクイックなシフトレスポンスを実現するとしている。

さらにRCZには、308シリーズで実績のあるフロントにマクファーソン・ストラット、リアにトーションビームのサスペンションを採用した。安全性能では、衝撃吸収ボディ構造や4エアバッグシステムの採用などで欧州の衝突試験ユーロNCAPで5つ星を獲得している。

価格は右ハンドル仕様が399万円、左ハンドル仕様が423万円。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース